この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ディーラーに下取りに出す前に

下取り前は掃除した方がいいの?

下取りに出す前にやったほうがいいのかどうか迷うことの一つとして車の掃除が挙げられますよね。
実際、やってもやらなくても変わらないような気もしますが、そんなことはありません。
車を下取りして引き取った後、業者のほうでその車は掃除されますが、査定するのは私たちと同じ人間です。あまりにも汚いと印象が悪く、査定額も下がってしまう可能性があります。
そこで、最低でも掃除すべきポイントを挙げていきます。
まず一つ目に、車内の目につくところです。ぱっと見の印象が大事なので、運転席の周りやダッシュボード周りなど軽くだけでも拭いておきましょう。
二つ目に、マットです。マットを外し掃除機をかける程度でいいのでやっておきましょう。
最後に洗車です。ガソリンスタンドなどのワンコイン洗車などでいいので行っておきましょう。
これらをやっておくことで査定が下がることはなくなるでしょう。

キズやへこみは直すべき?

これだと査定額が下がってしまうかも…という不安の種の一つに車体のキズ、へこみがありますよね。
こういった部分は査定をするうえでもちろん減点対象になりやすいです。しかしだからといってそのキズ、へこみを直すのは得策とは言えません。
キズ、へこみをなおすために車を修理に出してしまうと、下取りでキズ、へこみが要因で査定額が下がる場合よりも金額が大きくなってしまう可能性が高いのです。
だからといって自分で直そうとしてはいけません。査定するのはもちろん査定のプロなので、そういった箇所はすぐに見つけますし、下手に直したことによってさらに査定額が下がってしまう場合もあります。
キズ、へこみに関しては素直にそのままにしておくのが一番といえますね。