この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

下取り?買取?

まずは知ろう!下取りと買取の違い

下取りというのは、新車を買う際に今乗っている車をディーラーに引き取ってもらうことなのですが、この時直接的な現金の動きはありません。
下取りに出したときに出た査定額は現金として自分に入ってくるわけではなく、新しく車を購入する際の購入資金に充てられます。
つまり、下取りをするとその査定額分安く購入できることになりますが、査定額は自由に使えるお金ではないということに注意しましょう。
つづいて買取ですが、買取の場合は今乗っている車を中古車買い取り業者に持っていき買い取ってもらうことで、つまり売却ですね。
買取の場合は売却した際に現金が手元に入ってくるので新しく買う車の購入資金だけでなく、ある程度自由に使えるお金になるというメリットがあります。

下取りって損じゃない?

下取りに出して出た査定額は交渉次第で変わるかもしれませんが、中古車買い取り業者に売却した場合と比べると確実に見劣りするでしょう。
中古車買い取り業者は車を買い取り、それを自分たちで売りに出すことで利益を出しているわけですから、顧客が他の業者のところに行かないよう、下取りの査定額はもちろん、ほかの中古車買い取り業者よりも高い査定額を提示しようとします。よって、下取りの査定額と比べると損と言わざるを得ません。
しかし、下取りには下取りの良さがあります。それは、買い取りに比べて非常に楽だという点です!
中古車買い取り業者に売却する場合、さまざまな書類作成や、査定額を見比べるために様々な店舗に足を運んだりと大変な手間がかかります。
それと比べ下取りだとその場ですぐにできるので非常に楽だというメリットがあります。